質のいい睡眠をとる

睡眠私たちの体は日中体を動かし、夜になると睡眠をとることで回復と休息を得ています。体の回復には質のいい睡眠が欠かせません。睡眠不足になってしまうと肌や髪の毛に影響が出やすいといわれています。なぜなら、私たちの体には生きるために優先すべき臓器があります。心臓や胃や腸、肝臓や膵臓といった臓器、体を動かすために使用している筋肉、栄養を届ける働きがある血管や血液など重要視すべきものがたくさんあります。毎日の睡眠では生命を維持するためにも最も必要な物から成長ホルモンの分泌が行われます

成長ホルモンは体の成長には欠かせないもので、睡眠をとることでより活発に働くことが分かっています。そして成長ホルモンが一番分泌されるゴールデンタイムが10時から夜中の2時までといわれています。その時間に深い眠りにつく必要があります。

成長ホルモンは午後10時から午前2時の時間帯に多く分泌されますので、出来るだけこの時間帯に睡眠を取ることが大切です。

深い眠りは就寝してから2時間後ぐらいといわれ、夜8時ぐらいに就寝することが一番質のいい睡眠を確保することができます。睡眠をしっかり確保することで体の末端である髪の毛にも必要な栄養素がしっかりいきわたり、抜け毛の予防につながります。毎日の生活で早く寝ることが難しい人は、長時間の睡眠と深い眠りが取れる生活習慣を心がけましょう。なるべく7時間の睡眠を確保し、髪にもしっかり影響を与えていきましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket