ストレスをためない

ストレス私たちの髪の毛はケラチンというたんぱく質によって作られています。そのたんぱく質を髪の毛として合成させるためには亜鉛というミネラルが必要不可欠です。良質なたんぱく質をいくら摂取しても亜鉛というミネラルが不足してしまうと、丈夫でコシのある髪の毛を作り上げることができません。亜鉛には髪の毛の細胞分裂を活発にして、発毛や育毛の効果がある成分です

日本人の食生活では亜鉛が不足しがちですが、さらに亜鉛不足を起こしてしまうきっかけがストレスです。ストレス社会といわれている現代において、職場、家庭などの人間関係でストレスをたくさん抱えている人が増えています。ストレスが発生すると、大量の亜鉛を消化してしまうことが分かっています。そのため強いストレスを感じると一番弱い髪に影響が出てしまい、円形脱毛症になってしまう人もいます。

またストレスは自律神経にも大きな影響を与えます。自律神経とは交感神経と副交感神経の二つの神経のバランスが取れている状態が正常です。しかしストレスを感じていると交感神経が常に働き、緊張状態が続きます。すると頭皮が固くなり、血管の収縮により血流が悪くなってしまいます。髪に必要な栄養素が届きにくくなるため、抜け毛が加速してしまいます。なるべくストレスをためず、リラックスできる環境を作ることが一番の解決策です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket